新年あけましておめでとうございます。2017年の当ブログの方向性など。

折々の記録

新年、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、このブログでは毎年新年最初は、恰好よく言えば「新年の抱負」、有体に言えば「単なる雑談」の記事でスタートしています。
今年も、このブログで新しくやってみたいことなどを書きたいのですが、すでにtwitterも2年以上やっていますし、facebookにもビジネスページを作成しました。
また、グーグルアナリティクスやアドセンス、サーチコンソール(旧ウェッブマスターツール)も随分前に登録済みです。
いっそのこと、独自ドメインを取って移転、などということも考えたのですが、昨年のまとめにも書いたとおり、手持ちの音源の残りが少なくなり頻繁な更新が難しくなる中、今更移転する必要性も低いように感じます。

番組25周年!

結局、今までどおり「青春アドベンチャー」などのNHK-FMの帯ラジオドラマ作品を淡々と紹介していくしかないかなあ、と思っていたのですが、2017年はある節目の年であることに気がついてしまいました。
青春アドベンチャーが前身番組の「サウンド夢工房」から衣替えしてスタートしたのが1992年4月。
そう、今年2017年4月をもって番組は25周年を迎えるのです。
25周年といえば四半世紀。
いくらラジオ番組は寿命の長いことが多いとはいえ、四半世紀というのはなかなか大したものです。
親子で聞いているリスナーだって結構いるはずです。
私も昨年初めて、小学生の娘と聞いてみたりしました(娘の反応は別の記事に書きます)。

記念イベントが欲しい

これは是非、NHK-FMさん自体に何か記念のイベントをやって欲しいところです。
NHK-FMでは2015年に「今日は一日ラジオドラマ三昧」なるラジオドラマの特番をやったのですが、2016年にその第2弾が放送されることはありませんでした。
2016年には「迷宮 画のないアニメ館」なる奇妙な番組が放送されましたが、実験的な点は良いとして内容があまりにアレ過ぎました…
是非、2017年には青春アドベンチャーにフォーカスを当てた特番を制作するとか、あるいは視聴者リクエストの作品を青春アドベンチャー化するとか、何らの企画を実施して欲しいところです。
…が、思い出してみると20周年だった2012年も何らかの特番をやっていたような覚えはありません。
このままではさらっと通り過ぎてしまいそうな気もします(というか4月の改編期に番組自体がなくなったりして…いかん不吉なことを考えるのはやめよう…)。

なにかできることは…

ならばファンの方で勝手に盛り上がるしかない!と思うのですが、所詮こんなマイナーブログではできることは限られています。
思いついたのことは、今、やっている「2016年作品の人気投票」に準じる形で「歴代作品全体の人気投票をする」とか、皆さんの署名を集めてNHKに対して青春アドベンチャーの特番とかアーカイブの公開をお願いするとか、そんな程度です。
う~ん、残念ながら前者はともかく後者は説得力があるほどの数が集まるとは思えない…
何か簡単にできてみんなで楽しめるような企画があったら是非、ご教示ください。
とはいえ、4月1日といえば実は前々からエイプリルフール記事を書きたいと思っていたので、25周年にかこつけて変な記事を書いて顰蹙を買ってしまいそう。
まずは変な暴走はしないようにしたいものです。

本年も当ブログをよろしくお願い申し上げます。

★本文内のリンクについて★

紹介したオーディオドラマに関連した様々な作品に興味を持って頂きたく、随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

折々の記録
Hirokazuをフォローする
青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

コメント

  1. コン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あけましておめでとうございます!
    YouTubeで青春アドベンチャーとFMシアターを聴いている韓国のコンと申します。作品を聴いた後は必ずここを訪れて感想を書くようにしています。
    今年から日本に留学に行くので今年からはYouTubeだけではなく、ラジオからも聴けるということが楽しみです!
    今年も宜しくお願い申し上げます。

  2. Hirokazu より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コンさま

    あけましておめでとうございます。
    留学、大変だと思いますが、頑張ってください。
    応援しています。

    ラジオの視聴については、海外からでも「radiko」や「らじる★らじる」で聞けるようになればいいのにと思います。
    放送局側にも都合があるのでしょうが、度量を大きく持ってほしいものです。
    まあ、現状でも色々とやり方はあるようですが…

タイトルとURLをコピーしました