礼文バージンロード 作:桜田ゆう菜(FMシアター)

格付:A
  • 作品 : 礼文バージンロード
  • 番組 : FMシアター
  • 格付 : A
  • 分類 : 家族
  • 初出 : 2022年3月12日
  • 回数 : 全1回(50分)
  • 作  : 桜田ゆう菜
  • 演出 : 堀越未生
  • 主演 : 宇梶剛士

礼文島で昆布漁師をする道夫のもとに、別れた妻と同居している娘の夏来(なつき)が訪ねてきた。
結婚が決まったので、結婚式で一緒にバージンロードを歩いて欲しいという。
お父さん、結婚式来てくれるでしょ、という夏来に道夫は即答できない。
実は夏来は妻が不倫の末に別の男との間に設けた子供なのだ。
しかも今、夏来と暮らしている彼女の義理の父こそが、妻の不倫相手だ。
しかし、元妻から夏来に出生の秘密を明かすことを止められている道夫は出席できない理由を説明することができない。
次第に険悪になる夏来と道夫だが…




本作品「礼文バージンロード」は第17回 北のシナリオ大賞を受賞した桜田ゆう菜さんの脚本をオーディオドラマ化した作品でNHK札幌局で制作されました。
主演は宇梶剛士さん。
若いころに日本最大の暴走族ブラックエンペラーの7代目名誉総長だった経歴があり、少年院にいたことも知られています。
ご自身は東京出身ですが、母方はアイヌにルーツがあり、高校中退後の一時期、叔父のいる北海道に住んだ経験もあるそうです。

父と娘と礼文島

さて、本作品は、道夫と夏来が過ごす礼文島の数日だけを描いたドラマです。
夏来のフィアンセのしんちゃんを始めとして、他にも何人かの登場人物がいますが、基本的にはこのふたりを軸にした小規模な作品。
ストーリー面でも冒頭に書いた粗筋から想像できる以上のことは何も起きません。

最後のセリフに納得

また、とにかく道夫が気の毒すぎて聴いているのがつらい。
道夫は全く悪くないのに、元妻は娘をダシに理不尽な要求をし放題ですし、妻の不倫相手(作中に登場しませんが)の行動もあんまりです。
加えて娘も(悪気はないけど)道夫を責めてくるし、道夫の母親まで「隣近所に恥かしい」との発言が。
一番の被害者なのに全方位から責められた挙句に「他人は俺の方だ…」って。
気の毒すぎて泣けてきます。
だからこそ道夫が最後にあのセリフを言えたのがとてもよかったと思いました。
そう、いいんだよ、道夫。
あなたにはあれをいう資格がある。

主演は宇梶剛士さん

さて、本作品の主役、道夫を演じたのは上記のとおり宇梶剛士さん。
実は本記事は宇梶さんが「玉麒麟 羽州ぼろ鳶組」で辰一を演じた記念で作成したのですが、辰一と道夫は全然タイプの違う人間ですね。
なお、宇梶さんは「僕が考える物語の”絶対原則”は、主人公が弱者なんです。」(外部リンク)と言っていますので主演作として本作は希望どおりの作品なのだと思います。

娘役は元乃木坂46

また、娘・夏生を演じたのは元乃木坂46の伊藤万理華さん。
元アイドル歌手ですがテレビドラマなどへの出演がかなり多いからか聞いていて不安感のない演技でした。
伊藤万理華さん以外にも、井上小百合さん(手を振る仕事世界から歌が消える前に)、久保史緒里さん(阪堺電車177号の追憶)などがNHK-FMのオーディオドラマに出演されていますが、乃木坂46の方は芸達者ですね。

なお、2022年FMシアターアンケートにおける本作品についてのリスナーの感想はこちらをご覧ください。



★本文内のリンクについて★

紹介したオーディオドラマに関連した様々な作品に興味を持って頂きたく、随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

格付:A
Hirokazuをフォローする
青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

コメント

タイトルとURLをコピーしました