笑う20世紀パート2 作:藤井青銅(青春アドベンチャー)

格付:B
  • 作品 : 笑う20世紀 パート2
  • 番組 : 青春アドベンチャー
  • 格付 : B
  • 分類 : コメディ
  • 初出 : 1995年12月4日~12月8日
  • 回数 : 全5回(各回15分)
  • 作  : 藤井青銅
  • 演出 : 川口泰典
  • 主演 : 海津義孝(その他下表のとおり)

脚本家・構成作家の藤井青銅さんによるコメディ短編ラジオドラマ集である、「笑う」シリーズの第2作目が本作品「笑う20世紀パート2」です。
藤井青銅さんの公式HPによれば、第1作は、ラジオドラマの制作以前に藤井青銅さんが書いた原作本をもとにした作品でしたが、このパート2はラジオドラマオリジナル脚本として書き下ろされたもののようです。

原作付き??オリジナル?

ただし、第3話の「新聞が来た日」は原作本に掲載されていた作品のようですし、第4話の「現代人・入門」もタイトルからすると原作の「現代人は病んでいる」と同じなのかもしれません。
また、「北海道株式会社」と「夢見る瞳」についても、ホームページによれば、同名の短編が、小説春秋で掲載の後、電子書籍版の「笑う20世紀」に追加収録されたようですが、これは恐らくラジオドラマが先なのでしょう。
それにしても「小説春秋」って何でしょうか?
そんな小説雑誌、ありましたっけ?



シニカルさは抑え気味

なお、「笑う」というより「嗤う」という表現の方が相応しいブラックな作品が多い本シリーズですが、このパート2はシニカルさは抑え気味で、特に第4話「現代人・入門」はブラックな要素が殆どない人情ものです。
なお、この「笑う」シリーズは全10回の作品が多いのですが、本作品は1998年放送のパート5と並んで全5回と最も少ない回数の作品です。

各回の概要

各話の主演俳優、格付け、粗筋、一言は下表ののとおりです。
基本的に1回(15分)1話で構成されています。
出演者は、旺なつきさん、舵一星さん、千紘あいさん、大高洋夫さん、海津義孝さん、山西惇さんの6名で、このうち千紘さん、大高さん、山西さんが前作から続投しています。

◆第1話 「夢見る瞳」

主演 : 海津義孝
格付 : B
粗筋 : 自分が主役の夢を見られる機械が開発された。中毒者が続出するのだが…
一言 : 海津さん主演の「ジュラシック・パーク」や「踊る黄金像」を使った方が面白かったのに。

◆第2話 「マルクス甲子園」

主演 : 大高洋夫
格付 : A
粗筋 : 「もし高校野球の監督がマルクスの『資本論』を読んだら」(略称「もしマル」)
一言 : 馬鹿馬鹿しい設定と展開だが、意外と面白い。オチらしいオチがなかったのが残念。

◆第3話 「新聞が来た日」

主演 : 山西惇
格付 : B-
粗筋 : 引越直後の気の弱い男が、押しに負けて、次から次へと新聞の契約をしてしまうが。
一言 : 新聞拡張団という用語が本当にあるのを始めて知った。「団」だから先輩呼びなのか。

◆第4話 「現代人・入門」

主演 : 海津義孝
格付 : B
粗筋 : 短足・がに股、無骨で女っ気の全くなかった元ラグビー部の鈴木が30にして恋をした。
一言 : 海津さんは鈴木を応援する友人の役。それにしても、これ、コメディじゃないよなあ。

◆第5話 「北海道株式会社」

主演 : 大高洋夫
格付 : B-
粗筋 : 民活の流れを受け全国183の自治体が上場した。北海道(株)に買収の魔の手が伸びるが。
一言 : 自治体同志の株の買収合戦。もっと思い切ったオチを期待したが…

固有名詞を出さない

第3回の「新聞が来た日」では、「ださひ新聞」、「読み捨て新聞」などNHKらしく本当の固有名詞を出さない処理がなされている一方で、早稲田大学の応援歌「紺碧の空」が流れ始めたので、「このままだと『早稲田』という固有名詞が出ちゃうなあ」と思いながら聞いていたのですが、まさに「早稲田」と出る直前で止まりました(笑)。

短期間に2作品

なお、本作品は1995年12月に放送されましたが、1週間空けて、藤井青銅さん脚本のもうひとつの代表的なシリーズである「年忘れ青春アドベンチャー・干支シリーズ」の1作である「ねずみのチュー告」が放送されました。
つまり1995年12月は藤井青銅さん作の作品が2作品も放送されたことになります。
青春アドベンチャーに最も多くの脚本を提供している藤井青銅さんならではの椿事です(ただし、両作品併せても階数は10回だけ)。

パート2では終わらない

また、本作品の最終回は「21世紀になったらまたお会いしましょう」といって終わるのですが、実は21世紀になるのを待つことなく、約1年後の1996年10月「笑う20世紀 パート3」が放送されることになります。
ただし、演出は本作品までの2作品を担当された川口泰典さんから、松本順(まつもと・すなお)さんにバトンタッチされることになります。

【藤井青銅原作・脚本・脚色の他の作品】
青春アドベンチャーの長い歴史において、最も多くの脚本と最も多くの笑いを提供しているのが脚本家・藤井青銅さんです。こちらに藤井青銅さん関連作の一覧を作成していますので、是非、ご覧ください。

【川口泰典演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。
こちらをご覧ください。
傑作がたくさんありますよ。

★本文内のリンクについて★

紹介したオーディオドラマに関連した様々な作品に興味を持って頂きたく、随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

格付:B
Hirokazuをフォローする
青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

コメント

タイトルとURLをコピーしました